結婚指輪の種類

結婚指輪の素材はずっと身に付けていることを考えて、固い金属であるプラチナ・ゴールドが一般的とされていますが、最近はホワイトゴールドも人気があり、ゴールドのみの結婚指輪は日常付けるのに少し目立ってしまう点から、ゴールドとプラチナ・ホワイトゴールドとのコンビの結婚指輪も見られます。

ただ、傷が付きにくいという面から考えると、プラチナのリングが高価ですがおすすめであり、店舗で販売されている指輪も、やはりプラチナの物が多いですし、ご両親や先輩ご夫婦の意見を聞いても、プラチナのリングをすすめられることが多いでしょう。

デザインはTPOに関わらず付けられ、なおかつに日常生活の邪魔にならないような、シンプルなデザインが好まれ、石付きであっても中に小さい宝石(ダイヤモンドがほとんどです)が埋め込まれていたり、あるいは内側の見えない部分にお互いの誕生石が入っているデザインの物もありますし、一生の記念として裏側に結婚記念日・イニシャルを刻むサービスも人気が高いですが、文字を刻む場合は有料になります。

結婚指輪専門店もありますが、女性は自分の好きなアクセサリーブランドの指輪を選びたい場合が多いかもしれませんし、専門店の物よりも、ファッションアクセサリーも販売しているブランドの方が、結婚指輪のデザインがお洒落ですので、いくつかの店舗を見て本当に気に入った指輪を見つけましょう。

また、結婚指輪をオーダーメイドで作るケースも珍しくありませんし、そういった場合は市販の指輪にはない世界でひとつだけの指輪を作ることができますので、良い記念にはなりますが、お値段は市販の指輪よりも高価になります。

Comments are closed.