結婚の流れの最初の山場

めでたく結婚が決まったら、結婚式・新婚旅行・新居の準備など、いろいろと忙しいものですが、女性にとって左手の薬指にする婚約指輪・結婚指輪選びはその中でも心が躍るものであり、以前は男性が婚約指輪を差し出しプロポーズするのが一般的でした。

しかし最近では、婚約指輪も二人で選ぶカップルがほとんどで、さらに結婚指輪は結婚後もずっと身に付けていられる物ですし、アクセサリー禁止の職場であっても結婚指輪はOKなところが多いので、自分たちの好みに合った物を慎重に選ぶことが大切です。

女性が婚約から結婚までの大まかな流れについて把握しておくことは、ふたりのすれ違いを防止することにもなるのです。

婚約指輪は結婚が決まったら男性が女性に贈る物で、石付きの指輪が大半であり、永遠の愛と言う意味を込めて、ダイヤモンドの指輪を選ぶことが多いですが、中には好きな宝石や誕生石の付いた指輪を選ぶカップルもいますし、これはペアで付ける物ではなく、女性のみが身に付けます。

結婚指輪は通常ペアで購入し、結婚式を挙げる際に指輪の交換をし愛を誓いますが、その後の生活でも結婚をしている証として身に付けることが多く、デザインは日常生活の邪魔にならないよう、またどんなシーンでも浮かないような、シンプルな指輪が好まれる傾向にあります。

どちらの指輪にせよ、左手の薬指に付けるのには意味があり、それは左手の薬指が心臓と繋がっていると言う古代の信仰に基づいていて、中世までは婚約指輪と結婚指輪の区別は無く、それ以前は女性が男性の所有物となった証として贈られていましたが、現代となってはそういった意味はまったくありません。